0-1型データをコレスポンデンス分析向けのデータに変換する方法

(画面はSPSS15 for Windowsのものです)
  1. 元データ


  2. データ−再構成を開く

    再構成ウィザードで「選択された変数をケースに再構成する」を選んで「次へ」

  3. 変数からケースへ:変数グループの数

    再構成するグループ数=1つ

  4. 変数からケースへ:変数の選択

    「ケースグループの識別」=ケース数を使用します,名前欄=適宜(デフォルト:id)
    「置き換える変数」目標変数=適宜(デフォルト:trans1)
    1,0データすべて(i1〜i5)を目標変数欄に設定
    「固定変数」=ケース番号の変数

    以後は「次へ」を繰り返すだけ...

  5. 作成するインデックス変数の数=「1つ」

  6. インデックス値の種類=「連続値」

  7. 変数からケースへ:オプション

    選択されていない変数の処理:「新しいデータファイルから変数をドロップする」
    すべての置き換え変数内でのシステム欠損値または空白値=「新しいファイルにケースを作成する」
    ケース度数変数:チェックなし

  8. 終了:どのような作業を行いますか?

    データを今すぐ再構成する で「完了」

  9. 次のようなデータになるので


  10. trans1=0の行を削除する

    「データ-ケースの選択」で
    選択状況:IF条件が満たされるケース
    出力:選択されなかったケースを削除
    [IF]ボタンを押し

    ケースの選択:IF条件の定義で

    trans1を選択して"=1"と記入し[続行][OK]

    あるいは

    「ファイル-新規作成-シンタックス」でシンタックス画面を開き

    select if (trans1=1).
    execute.



    と記入し「実行-すべて」(たぶんこちらの方が楽)

  11. 下のようなデータが完成する

    [NO],[インデックス]を利用することができる(変数名は適宜変更可能)

    ※なお「NO」が文字型の場合,コレスポンデンス分析に使えないので,この場合は数値型に直す必要がある。

    変数ビュー画面でNOの「型」の欄を選び「...」をクリックすると↑のようなボックスが表示されるので「数値」を選び,幅と小数点桁を適宜選ぶ(幅は実際の数字より小さくならないように)

    SPSS勝手にFAQトップページへ